文字サイズ 標準拡大

JAグループの仕組み・JAバンクシステム

JAグループにおけるJAバンク大阪信連

 JAグループは、市町村をエリアとして各種事業[営農指導事業、経済(購買・販売)事業、信用(貯金・融資等)事業、共済事業等]を行う『JA』、各事業別の『都道府県段階』並びに『全国段階』の組織により成り立っています。
 また、JA・信連・農林中央金庫をもって「JAバンク」を構成し、JAバンクグループ一体となり、より利便性に富んだ総合金融サービスの提供を目指しています。
 私どもJAバンク大阪信連は、大阪府における信用事業の都道府県段階の連合会組織であり、府内JAの業務サポート等を行うとともに、「JAバンク大阪」としてJAと一体となって、ご利用者の皆さまのお役に立つ金融サービスをご提供できるよう努めています。

JAバンクシステム

 「JAバンクシステム」とは、「再編強化法」に基づきJAバンク会員(JA・信連・農林中央金庫)が一体的に事業運営に取り組む仕組みです。JAバンクの信頼性を確保する「破綻未然防止システム」と、金融サービス提供の充実・強化を目指す「一体的事業運営」の2つの柱で、皆さまに安心で便利なサービスをご提供します。
 また、JAバンクでは、「破綻未然防止システム」と「貯金保険制度」により「JAバンク・セーフティネット」を構築しています。これにより、皆さまにより一層の安心をお届けします。

J A バンク・セーフティネット

  • 破綻未然防止システム
    破綻未然防止のためのJAバンク独自の制度

     JAバンクの健全性を確保し、JA等の経営破綻を未然に防止するためのJAバンク 独自の制度です。具体的には、(1)個々のJ A 等の経営状況についてチェック(モニタリング)を行い、問題点を早期に発見、(2)経営破綻に至らないよう、早め早めに経営改善等を実施、(3)全国のJAバンクが拠出した「JAバンク支援基金」等を活用し、個々のJA等の経営健全性維持のために必要な資本注入などの支援を行います。

  • 貯金保険制度
    (農水産業協同組合貯金保険制度)
    貯金者等保護のための公的な制度

     貯金保険制度とは、農水産業協同組合が貯金等の払出しができなくなった場合などに、貯金者等を保護し、また、資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。
     この制度は、銀行・信金・信組・労金等が加入する「預金保険制度」と同様の内容になっています。

    保険の対象となる貯金等のうち、決済用貯金(無利息、要求払い、決済サービスを提供できること)に該当するものは全額、それ以 外の貯金等については1農水産業協同組合ごとに貯金者1名あたり元本1,000万円とその利息等の合計額が保護されます。