JAバンク大阪 地域貢献活動

JAバンク大阪における地域密着型金融の取組状況(2019年度)

JAバンク大阪(大阪府内JAと大阪府信用農業協同組合連合会)では、農業と地域社会に貢献するため、
2019~2021年度JAバンク大阪中期戦略に基づき地域密着型金融の推進に取組んでおります。
2019年度の地域密着型金融の取組状況について取りまとめましたので、ご報告いたします。

① 農山漁村等地域の活性化のための融資を始めとする支援
  (JAバンク大阪の農業メインバンク機能強化への取組み)

 JAバンク大阪は、地域における農業者との結び付きを強化し、地域を活性化するため、次の取組みを行っています。

(1)農業融資商品の適切な提供・開発

 JAバンク大阪は、各種プロパー農業資金を提供するとともに、農業近代化資金や日本政策金融公庫資金の取扱いを通じて、農業者の農業経営と生活をサポートしています。
 2019年度は、JAバンク大阪として、平成30年台風第21号に係る被災農業者の早期の復旧支援のため、2018年度に引続き、適切な農業融資商品の提供を行いました。
 2020年3月末時点のJAバンク大阪の農業関係資金残高(注1)は4,588百万円(うち農業経営向け貸付金3,976百万円)、日本政策金融公庫等の受託貸付金(注2)残高は673百万円を取扱っています。

(注1)
農業関係資金とは、農業者および農業関連団体等に対する貸出金であり、農業生産・農業経営に必要な資金や、農産物の生産・加工・流通に関係する事業に必要な資金等が該当します。
(注2)
JAバンク大阪が農業者の窓口となり、日本政策金融公庫などの貸付金の受託取扱いを行っています。
  • 営農類型別農業資金残高(2020年3月末現在)

    農業 3,976
      穀作 429
    野菜・園芸 1,331
    果樹・樹園農業 179
    工芸作物 0
    養豚・肉牛・酪農 33
    養鶏・鶏卵 9
    養蚕 0
    その他農業 1,993
    農業関連団体等 611
    合計 4,588

    (単位:百万円)

    (注)

    1.
    「その他農業」には、複合経営で業種が明確に位置づけられない者および農業サービス業が含まれています。
    2.
    「農業関連団体等」には、JAや全農(経済連)とその子会社等が含まれています。
  • 資金種類別農業資金残高(2020年3月末現在)

    プロパー農業資金 4,534
    農業制度資金 54
    農業近代化資金 34
    その他制度資金 19
    合計 4,588

    (単位:百万円)

    (注)

    1.
    「プロパー農業資金」とは、JAバンク原資の資金を融資しているものをいいます。
    2.
    「農業制度資金」は、①地方公共団体もしくは日本政策金融公庫の資金をJAバンク大阪が転貸で融資するもの、②地方公共団体等が利子補給等を行うことでJAバンク大阪が低利で融資するものを対象としています。
    3.
    「その他制度資金」には、農業経営改善促進資金(スーパーS資金)や農業経営負担軽減支援資金などが該当します。
  • 農業資金の受託貸付金残高(2020年3月末現在)

    日本政策金融公庫資金 673
    その他 0
    合計 673

    (単位:百万円)

    (注)

    JAバンク大阪では、主にはJAを窓口として、日本政策金融公庫資金の受託貸付金を取扱っています。

  • 大阪府の農業近代化資金のシェア

(2)担い手のニーズに応えるための取組み

 JAバンク大阪では、地域の農業者のニーズに応えるため、様々な取組みを行っています。
 JAでは、本支店(所)の農業融資担当者が営農・経済部門等と連携しながら、農業融資に関する資金提案や経営相談対応等を実施しています。これを支える体制として、豊富な農業金融知識をもった農業融資の実務リーダーである「担い手金融リーダー」を、2019年度末時点で14JA・信連で31名配置しています。
 また、JA系統独自の農業融資資格制度「JAバンク農業金融プランナー」を導入しており、有資格者は2019年度末時点で府内に339名となっています。この制度は、農業融資の実務に即した資格の取得を通じ、農業金融に関する知識・ノウハウの一層の充実を図り、多様化・専門化する農業者の金融ニーズに応えていくことを目的としています。
 信連では、JAのサポート指導機能、農業法人等への融資相談機能を担う「県域農業金融センター機能」を構築しており、これらの機能の拡充、強化に努めています。農業金融分野での支援策としては、農業融資に係る大阪府農業信用基金協会保証料の全額助成を2019年度は138件総額14,440千円実施しました。また、JAに対して農業者等の支払う利息の一部を負担し農業者等の金利負担を軽減するため、「JAバンク大阪農業融資利子助成」を2019年度は57件2,638千円実施しました。
 また、大阪府域では、信連・中央会・全農・共済連が一体となって「大阪農業振興サポートセンター」を構築しており、担い手に対し事業部門を横断した総合的なサポートに取り組んでいます。

(3)JA内事業間連携の強化

 農業者の多様なニーズにJAをあげて応えていくため、営農・経済事業等との合同会議・研修会の開催や農業者への同行訪問等により、これまで以上に、JA内事業間連携を強化しています。

具体的取組事例
JAいずみの、JA大阪南において、融資・営農両部門職員を対象に、農業融資に係る知識の習得・向上を目的とした研修会を開催。
(4)農業メインバンクCS調査の実施と結果の活用

 JAバンクでは、JAの農業融資に対する率直なご意見・ご感想をお伺いすることを目的として、お客様満足度の計測(農業メインバンクCS調査)を行っています。
 2019年度は、8~9月に実施したCS調査を踏まえ、訪問担当者の農業融資に関する知識の習得を目的とする研修会を実施するなど、農業者の満足度向上に向けた農業メインバンク機能の一層の強化に取り組んでいます。

② 担い手の経営のライフステージに応じた支援

 JAバンク大阪は、担い手をサポートするため、ライフステージに応じて、次の取組みを行っています。

(1)次世代農業者の育成支援

 JAバンク大阪では、新規就農者の経営と生活をサポートするため、青年等就農資金等を取り扱っています。

新規就農者をサポートする資金の取扱い実績

  2019年度
実行件数
2019年度
実行金額
2020年3月末
残高
青年等就農資金 8 69 72
就農支援資金 1
JA新規就農応援資金 0 0 12
その他
合計 8 69 85

(単位:件、百万円)

(2)食農バリューチェーン構築による農業・地域の成長支援(商談会・ビジネスマッチング)

 JAバンク大阪は、農林水産業の事業力・収益力強化のため、商談会・ビジネスマッチングによる販路拡大支援等の農商工連携に取り組んでおり、「農業者と産業界の架け橋」として多様な機能を発揮しています。

2019年度 商談会等開催状況

商談会名 開催日 主催者 参加団体数 総来場者数 内容
食農ネットワーク会議 4月以降随時 成約件数 1件
近畿地区農林水産物販路拡大企画 4月以降随時 個別商談継続中
(3)生産者と消費者をつなげる場の設定

 JAグループ大阪では、中央会・各連合会が一体となって大阪農業振興サポートセンターを立ち上げ、大阪農業振興のための様々な取組みを行っております。
 2019年度は「プレミアムフライデーInクリスタ長堀」での大阪産農産物の販売やイベントに加え、飲食店等と連携した「大阪ぶどう&大阪いちじくフェア」、「大阪いちごフェア」を開催し、地産地消の魅力を広くPRしました。
 また、農家組合員の農作業に関する労働力不足への対応として、府内3JAにおいて無料職業紹介所を開設したことに加え、「農家で働く」ことに特化したJAグループ大阪農業専門求人サイトを開設し、農業を労働先として求職者に広く発信しま した。
 引き続き大阪農業・地産地消の素晴らしさを発信するとともに、農家と消費者をつなげる役割を担います。

(4)被災者等への支援

 JAバンク大阪では、2018年台風21号の被災者を支援するため、災害対策窓口を設置したほか、災害復旧農業融資利子補給・JAバンク大阪農業融資災害対策利子助成の創設などを実施しました。

取組事例 JA名 内容 件数 補給・
助成金額
災害復旧農業融資利子補給 JAバンク
大阪
2018年台風第21号により被災された農業者を対象に、大阪府と協調し、無利息で被災農業者の借入負担の軽減・農業経営の維持や早期の経営再建を支援するために、利子補給を実施しました。 1 8
JAバンク大阪農業融資
災害対策利子助成
(2018年台風第21号による
 災害復旧支援)
JAバンク
大阪
2018年台風第21号により被災された農業者を対象に、実質無利息で被災農業者の借入負担の軽減・農業経営の維持や早期の経営再建を支援するために、利子助成を実施しました。 124 2,142

(単位:件、千円)

(5)産学連携による研究支援

 JAバンク大阪では、「食・農・環境」分野における研究支援や相互の連携を通じて大阪都市農業の更なる発展と豊かな地域社会の実現を目指しています。

2019年度 産学連携の実績

大学名 支援対象者 支援研究数 研究内容
大阪府立大学 生命環境科学研究科
塩崎 修志 准教授ほか3名
4 野生ブドウを活用した
「大阪ワイン」ブランド用ブドウ新品種の選抜と
機能性成分強化方法の確立 等

③ 経営の将来性を見極める融資手法をはじめ、
  担い手に適した資金供給手法の徹底

 JAバンク大阪では、担い手の経営実態やニーズに適した資金の提供に努めています。

(1)資本供与の取組み(ファンドの活用)

 JAバンク大阪では、農業法人に対してアグリシードファンド活用の提案を行っており、農業法人の成長を支援しています。

④ 農山漁村等地域の情報集積を活用した 
  持続可能な農山漁村等地域育成への貢献

 JAバンク大阪では、地域社会へ貢献するため、次の取組みを行っています。

(1)食・農への理解促進

 JAバンク大阪は、地域の小学生を対象に、農業に対する理解を促進するため、JAバンク食農教育応援事業を展開し、農業に関する教材「農業とわたしたちのくらし」の配布や農業体験学習の受入れ等に取組んでいます。
 教材「農業とわたしたちのくらし」は、JAバンクを通じて、2019年度には府内のすべての小学校へ約8万5千冊を配布し、学校の授業等において活用されています。

JAバンク食農教育応援事業による活動内容

活動名 活動内容
小学校への出張授業の実施 食農教育教材本等を活用した出張事業を実施
府内14JAによる独自の事業 府内14JAが独自に食農教育活動を実施